地価の価値

地価の値上がりは長くは続かないこと、値上がりしている周辺地域の高額マンションの値崩れをきっかけとして、ふたたび値下がりに転ずること、今後5年ほどの期間を予想すると、不動産の供給過剰と、経済全体の低迷、不動産需要の減退もあいまって、地価は今の価格の五割くらいまで下落してもおかしくないことを説明した。「お孫さんが生まれて、娘さんから家を買ってとねだられても、断ってください。その代わり、快適な家を借りて家賃を払ってあげて、娘さんをなだめてください」などと訴えた。読者のみなさんにも、ここで同じことを申しあげておきたいのである。これまで述べてきた事項も含め、地価下落の要因を簡単にまとめると、つぎのようになる。こうしたもろもろの状況を考えると、残念ながら、地価はさらに下落すると確信せざるを得なくなってくる。地価が下がると、日本の経済・社会は大きく変化する。地価の下落によって、金融機関をはじめ、含み益を経営に織り込んできた大企業が大きな痛手を受けてきたことは周知のとおりである。平成の「失われた10年」は、まさに地価下落がもたらした災いともいえる。だが、ことここに至っても庶民の感覚は、一概に土地資産の値上がりを希望しているわけではないようだ。地価が下落することに対して、一般にどう考えられているのだろうか。〇〇システム不動産金融研究所は地価の値上がりを希望するか値下がりを希望するか、1000人の男女を対象にアンケート調査を実施した。平成14年5月の調査では78%の人たちが値下がりを希望していたので、「そろそろ下げ止まってほしい」「値上がりに転じてほしい」と思っている人が増えてきていることは確かなようだ。こうしたアンケート調査を最初に行なった平成九年六月には84%の人が値下がりを希望していたが、11年から14年までは値下がり希望率は七割台に低下し、値下がり希望は属性や地域によってかなり違いが存在する。大阪は東京よりも値下がりを希望する割合は低い。男女別に見ると、女性のほうが男性より値下がりを希望している割合が多い。男性は職場の状況や見聞に左右されるのだろう。年代別で見ると、平成15年までは20歳代で9割以上がなお値下がりを希望していたが、16年に入って、年齢による差はあまり見られなくなる。「持ち家族」「借家族」、親などが家を持ち、いずれ相続などで家を持てる「広義の持ち家族」の区分では、「借家族」の九割は値下がりを希望している。

奈良県で堅実にマンションを探す平城京の名残を今もなお色濃く残す奈良県。シカで有名な奈良公園をはじめ、奈良の大仏が鎮座している東大寺などの観光スポットは国内外を問わず大人気となっています。そんな奈良県ですが、全国一、一世帯あたりの貯蓄額が多かった県でもあることをご存知でしょうか。男性・女性共に金銭面でしっかりしているのが奈良県の県民性だそうで、それが貯蓄上手に繋がっていくのでしょうね。そんな奈良県は持ち家率も全国ランクの10位以内に入っています。戸建てやマンションといったマイホームを手に入れたいなら、堅実な人々が多く集まる奈良県で探すのもオススメですよ!こちらのサイトでは奈良県内のマンション・戸建てなどを中心に不動産物件を紹介しているので、ぜひご覧になってくださいね。

大阪市中央区の賃貸情報はコチラでチェック!大阪市の中央部に位置し、ビジネス街が広がっている大阪市中央区で賃貸物件を探しみませんか?中央区は、何といっても交通アクセスの利便性が高いですよね!その利便性からベッドタウンとしての役割を果たしております。様々な商業施設も充実しているので日々のお買い物にも困ることはございません。また、中央区は大阪城や道頓堀などといった人気の高い観光スポットがあるエリアですので、地元の方だけでなく、多くの観光客も集まり、常に賑わい見せております。そんな中央区で住まえば、きっと便利な生活が送れるはずです。コチラの不動産サイトでは、中央にある多くの賃貸情報を掲載しているので、ぜひ、お気軽にご覧ください。アクセスお待ちしております。

あなたも大阪府吹田市で新生活をスタートしませんか?この地域は,鉄道・道路共に,関西の主要都市を結ぶ重要な交通の要衝である、関西のベッドタウンです。また豊中市との間に跨る千里ニュータウンは,日本初のニュータウンとして街開きしたエリア。今でも移住者に人気のあるエリアです。生活面に関しても,医療施設・公共機関・教育施設・商業施設などの各施設の充実度も高いため,快適な暮らしが送れるでしょう。魅力あふれる吹田市の賃貸物件情報は,コチラのサイトにて豊富に掲載しております!豊中市のステキな賃貸物件も数多くご用意していますので,気になる方はお気軽に当店までお問い合わせください。お客様のより良い暮らしの実現のため,弊社と共に理想のお部屋を見つけませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>